利用規約 | Telelogger オンライン会議効率化クラウドサービス

Telelogger(テレロガー) オンライン会議効率化サービス

Telelogger サービス利用規約

<総則>

・Telelogger(以下「本サービス」といいます)は、株式会社博報堂アイ・スタジオ(以下「当社」といいます)が提供するオンライン会議(以下「会議」といいます)を効率化するクラウドサービスです。

・本サービスは、Teleloggerサービス利用規約(以下「本規約」といいます)に同意の上でご利用ください。本サービスの会員登録をもって、本規約へ同意したものとみなし、本規約を条件とするサービス利用契約が会員と当社との間に成立します。

・本サービスの内容および本規約は、当社の判断により今後変更される可能性があります。本規約の変更後に本サービスをご利用になる場合は、変更後の本規約が適用されます。(再度同意をいただくべき変更が生じる場合には、当社より改めて同意確認について連絡します。)

・本サービスのβ版は、無償でご利用いただけます。ただし、インターネット接続にかかる費用は会員負担となります。

<サービス概要>

・本サービスは、「アジェンダの事前共有」「会話内容のテキスト化」「議事録の作成」といった、会議の前後で起こりうる一連のタスク処理に必要な機能を1つにまとめることで、業務の効率化を実現します。

・会議の目的が不明瞭で場当たり的な議事進行になってしまう、会議中に作成したメモを元に議事録を作成する手間がかかる、会議後にやるべきタスクが定まらない、といった会議全般のムダを省き、スムーズな会議運営を支援します。

・本サービスは、現在、以下の言語での会議にのみ対応しています。

  • ○ 日本語

・本サービスの利用には、会員登録が必要です。メールアドレス、氏名、パスワードは正確にご入力の上、適切に管理してください。登録時の情報が変更された場合には、本サービス上で変更手続きを行なってください。

<留意事項>

・本サービスは、会議中に発言された音声情報、アジェンダおよび作成された議事録等の文字情報(以下総称して「会議データ」といいます)の完全性を保証するものではありません。

・会議データは、会議参加者全体に共有されます。

・本サービスの特性上、会員ではない会議参加者の音声情報および発言録は、会議データから欠落します。

・「公開会議」として開かれた会議では、会議データは一般に公開されます。事後の設定変更(公開⇒非公開)はできません。

・当社は、本サービス内での会議について監視・検閲等していないため、会議中に発言される内容については一切関知しておらず、作成される議事録に機密情報や個人情報等が含まれる場合であっても、それらを識別しません。会議データの開示等については、会員の責任においてお取り扱いください。

・会議の主催者が削除しない限り、会議データは本サービス上に保存されます。

・当社は、本サービスの提供に必要な「音声認識」「音声データおよび文字データの保存」「ユーザーサポート対応」のために、第三者サービスを利用します。

・当社は、本サービスの音声認識精度の向上および文字データの形態素解析を目的として、いわゆる機械学習のために会議データを利用します。なお、本サービスを提供するために当社が第三者の提供する音声認識サービスを利用する場合には、当該第三者が自己のサービスの品質向上を目的として、同様に会議データを利用する場合があります。

<個人情報の取扱いについて>

・当社は、本サービスの登録時ならびにサービス提供を通じて以下の個人情報を取得します。

  • ○ 氏名
  • ○ メールアドレス
  • ○ 会員登録時に連携したGoogleアカウントのプロフィール情報
  • ○ 会員の会議中に発言された音声情報 等

当社は、会員の個人情報を、以下の目的に限り使用します。

  • ○ 本サービスの提供
  • ○ 本サービスに関する情報の提供
  • ○ 会員から当社への問い合わせに対する回答
  • ○ 本サービスを提供する上で必要となる当社から会員に対する確認連絡

・本サービスでは、サービスの利用状況の把握のため、アクセスログの収集・解析にGoogleアナリティクスを使用しております。 Googleアナリティクスではクッキー(Cookie)を使用し、個人を特定する情報を含まずにログを収集しております。 また、収集されるログは、Google社のプライバシーポリシー(https://www.google.com/intl/ja/policies/privacy/partners/)に基づいて管理されます。ブラウザ設定を変更しクッキーの無効化(保存を行わないようにすること)で、 これらのログ収集を拒否することができます。ただし、クッキーの無効化で本サイトの機能の一部がご利用になれなくなる場合があります。

・その他の個人情報の取り扱いについては、当社の「個人情報の取扱いについて」に定めます。

<個人情報の第三者提供について>

・当社は、会員の個人情報を、以下の範囲内で第三者に提供します。

  • ○ 提供先: Google LLC.
  • ○ 提供する個人情報項目: 会員の会議中に発言された音声情報
  • ○ 提供先での利用目的: 音声認識サービスを改善し、Speech-to-Text の品質を向上させるため

・当社は、会員の個人情報を、前項および法令に基づく場合を除き、会員本人の同意なく第三者に提供することはありません。

<禁止事項>

・本サービスの利用にあたっては、以下の事項を禁止します。

  • ○ 会員情報の譲渡または他者との共有。
  • ○ 本人以外の会員情報を使用した本サービスの利用。
  • ○ 本サービスを利用した商用サービスの提供。
  • ○ 他の会員、当社または第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利等を侵害する行為。
  • ○ その他法令に違反する、または違反するおそれのある行為。
  • ○ 本サービスの運営に支障をきたすと当社が判断する行為。

・禁止事項に違反したと当社が認める場合、当社は当該会員による本サービスの利用を停止させ、または強制退会させることができるものとします。

<免責事項>

・当社は、本サービスのメンテナンス、第三者サービスに起因する事象またはその他の理由により、本サービスを停止または終了させる場合があります。

・当社は、本サービスの停止または終了により会員に損害が生じた場合であっても、補償する義務を負いません。

・本サービスの提供のために当社が使用する第三者サービスの事故に起因して会員に生じた損害について、当社は責任を負いません。

・会議データの利用については、会員が単独で責任を負うものとし、当社は会議データの完全性について保証しません。

・当社は、会議データの保存およびバックアップについて保証するものでなく、万一会議データが消失した場合でも、保全責任を負いません。

・会員は、本サービスの利用により第三者の権利を侵害した場合、当該第三者への補償義務を直接負うものとし、会員と当該第三者との間で紛争等が生じた場合であっても、当社を一切免責するものとします。

<準拠法及び管轄裁判所>

・本規約の準拠法は日本法とします。

・本規約または本サービスに関連して会員と当社との間に紛争が生じた場合は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属管轄裁判所とすることとします。